こんにちは!MED BEAUTY(メドビューティー)代表で、肉割れをカバーするアートメイクを担当しております看護師の藤尾(@fujioyuki.nurse)です。

いつまでも残り続ける肉割れにお悩みの方はたくさんいらっしゃると思います。赤い肉割れから始まり、やがて白い肉割れとして定着する肉割れ。

「いつから肉割れがここにできてしまってたのかな」、「どうやったら消えるんだろう」とお悩みの方はきっとたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、肉割れができてしまってお悩みの方に向けて、

・肉割れが白くなるまでにかかる期間
・赤い肉割れと白い肉割れそれぞれの状態について
・肉割れが白くなるまでなら有効なセルフケア
・肉割れカバーのアートメイクについて

以上の内容について解説していきます。肉割れが白くなるまでにどのような過程があるのか、そして肉割れを消す方法までしっかり網羅しています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

アートメイク【肉割れカバー】の無料相談を受けてみる

肉割れが白くなるまでに要する期間の目安

もし今、あなたの肉割れが「できたばかりの赤い肉割れ」だとしたら、きっと白くなるまでにどのくらいの期間がかかるのだろうと疑問に思うのではないでしょうか。

肉割れが白くなるまでにかかる期間については、個人差もあるためはっきり明確な回答をすることはできません。

数ヶ月の期間をかけて白く変化するケースもあれば、数年の期間をかけて変化するケースもあります。何にしても赤い肉割れが白くなるまでには、それなりに長い期間がかかると言えます。

赤い肉割れとはどのような状態のこと?

赤い肉割れ、白い肉割れなどと言いますが、実際にこの違いについてきちんと理解しておかなければ意味がありません。

まずはここで改めて赤い肉割れとはどのような状態を指すのか、その特徴について解説しておきましょう。肉割れは必ず赤い肉割れから始まります。なぜ赤いのか、皮膚はどのような状態なのか、ここで正しい理解を身につけておきましょう。

肉割れがまだ定着していない

肉割れが赤いうちは、まだまだ初期段階。このときの肉割れは、まだできたばかりで完全に定着していない状態です。

つまり、赤い肉割れの段階なら、まだ改善させる方法もあるということ。この段階の肉割れは、皮膚の奥にある真皮層が裂けてしまっている状態です。そこにはまだあたらしい細胞が生成されていないため、裂けたままになっています。

肉割れの色が赤(または赤紫)

赤い肉割れは、その名の通り見た目に赤みを帯びているのが特徴です。人によってはその色がやや赤紫に近いこともあります。

なぜ肉割れが赤く見えるのか、この赤い色の正体は毛細血管の色。皮膚の奥で真皮層が裂けてしまっているため、その裂け目からさらに奥にある毛細血管が透けて見えている状態なのです。

白い肉割れとはどのような状態のこと?

赤い肉割れについて理解したところで、ここからは白い肉割れの状態について解説していきます。赤い肉割れが白くなるまでに、一体どのような変化が起こっているのでしょう。

なぜ肉割れの赤みが消えてしまうのか、白い肉割れはどのような状態なのか、しっかり理解していきましょう。

肉割れ部分の細胞が新しくなっている

肉割れは皮膚の奥にある真皮層が裂けることで起こりますが、裂け目はいつまでもそのままになっているわけではありません。裂けた真皮層の部分に新しく細胞が生成されて、少しずつ真皮層が修復していきます。

傷口が自然に治ってしまうのと同じで、真皮層もきちんと細胞を生成することで裂け目を修復していくのです。このとき、徐々に赤い肉割れの赤みが薄くなり、白っぽく変化していきます。

肉割れが白くなり定着している

新しい細胞が生成され、どんどん真皮層が修復されていくにつれ、肉割れは赤から白へとその色味を変化させていきます。

このとき、元の皮膚と完全に同じように修復できれば良いのですが、皮膚の細胞が元のように上手く再生されないため、そこだけ色が薄く白っぽく見えるようになるのです。これが、肉割れが白い理由。

赤い肉割れは数ヶ月から数年かけてゆっくりと白い肉割れに変化しますが、一旦白くなってしまえばあとはそのまま定着してしまうため、ここからいくらセルフケアを入念にしても消えることはありません。

白くなるまでの肉割れに有効なセルフケア

赤い肉割れと白い肉割れの違いはもう理解できましたね。赤い肉割れは初期段階、白い肉割れは時間が経過した肉割れということになります。

肉割れが白くなるまでの間であれば、肉割れ自体がまだ定着していない状態なので、セルフケアで改善させることも可能です。(完全に改善できるとは限りません)

ここでは、白くなる前の赤い肉割れにのみ効果が見込める、肉割れのセルフケアについて紹介しておきます。

保湿で乾燥を防止

乾燥は良くないというイメージはきっと多くの方が持っているのではないでしょうか。これはまさにその通りで、肉割れにとっても乾燥は大敵です。

肉割れを改善させるためには、まず保湿を徹底しましょう。肉割れに効果があるとされているのはココアバターやオリーブオイル、フランキンセの精油などの自然由来のもの。保湿をする際にはこれらを積極的に使用し、マッサージするように毎日塗り込んでみてください。

マッサージで血行促進

血行を良くすることでも肉割れ改善の効果が見込めます。上記で紹介した乾燥対策と合わせて、同時にマッサージを行いましょう。

お風呂上がりや就寝前の日課にすると、毎日無理なく続けられますし、気持ちが良くなりリラックス効果もあるためおすすめです。

肉割れのセルフケアで期待できる効果

肉割れが白くなるまでならセルフケアでも改善の見込みがあるとお伝えしましたが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

ここでは、肉割れのセルフケアで見込める効果について2つ挙げて解説していきます。効果が分かればその分セルフケアのモチベーションにもつながりますよ。

肉割れの悪化を防ぐ

赤い肉割れは放置しても白い肉割れに変わり定着してしまうだけ。自然に良くなることはまずありません。セルフケアを行うことで、肉割れの悪化を防ぐ効果が見込めます。

肉割れの悪化とは、真皮層の裂け目がさらに広がり、肉割れの範囲が広くなることを指します。日々セルフケアを行うことで、肉割れを最小限にとどめられる可能性はうんと高くなります。

新たな肉割れを予防する

すでに肉割れがある場所とは別の部位に、新たな肉割れができる可能性も常にあります。セルフケアを行う際に、肉割れのできやすい箇所(お腹周り、腰、おしり、胸、ふくらはぎなど)もしっかりとケアすることで、新たな肉割れが発生することを食い止める効果があります。

乾燥対策やマッサージには毎日5分ほどの短い時間しかかかりません。これで新たな肉割れが少しでも予防できるなら、すごく価値がありますね。

赤い肉割れを薄くする

赤い肉割れが白くなるまでにセルフケアを行うことで、赤い肉割れを少しずつ薄くしていくことも可能です。もちろん肉割れの状態によりますが、セルフケアを続けていくうちに「ほんの少し薄くなってきたかも」と実感できる可能性はあります。

ただし、完全に消すことは難しいということも頭に入れておきましょう。肉割れをカバーする方法は後の項目で紹介していきますのでご安心くださいね。

セルフケアでは難しい白い肉割れの対処法

白くなるまでならセルフケアで多少の改善は見込める肉割れ。しかし、完全に肉割れを消したいという方にとっては、セルフケアで十分な効果が見込めない可能性が極めて高いです。

ここで紹介したいのが、私たちMED BEAUTY(メドビューティー)で行っている、肉割れに特化したアートメイク施術

肉割れを治療して改善させるのではなく、アートメイクで見えなくしてしまうという考え方です。

当院の肉割れカバー専門のアートメイクReGainの概要は以下の通り。

・韓国の技術を日本に初導入
・AI技術を駆使したカラーマッチングで95%以上お肌の色に合わせることが可能
・医療安全を徹底したクリニックでの施術

※これまで今まで肉割れが原因で悩まれていた方、多くのお金を費やしてきた方など、当院のアートメイクについて丁寧にご説明させて頂きますので、以下公式LINEよりお気軽にご連絡ください。

アートメイク【肉割れカバー】の無料相談を受けてみる

まとめ

今回は、肉割れが赤い肉割れから白い肉割れに変化する意味や、それぞれの状況について解説してきました。今の時点でまだ赤い肉割れの状態なら、これからすぐにセルフケアをスタートしましょう。

肉割れを完全に見えない状態にしたいとお考えの方には、私たちMED BEAUTY(メドビューティー)の肉割れに特化したアートメイクRegainをぜひご検討くださいませ。

肉割れに悩まされない毎日は、今よりもずっとハッピーでストレスフリー。当院のアートメイクについて気になる方は、以下公式LINEよりお気軽にご連絡ください。

アートメイク【肉割れカバー】の無料相談を受けてみる