こんにちは!MED BEAUTY(メドビューティー)代表で、肉割れをカバーするアートメイクを担当しております看護師の藤尾(@fujioyuki.nurse)です。

肌にひび割れのような模様が定着してしまう肉割れは、一度できてしまうと自然に消えることはありません。多くの方が肉割れに悩み、どうにかして消す方法がないか模索していることでしょう。

実際のところ、肉割れはセルフケアで消すことは極めて困難です。肉割れに効果のあると言われるクリームなども、完治させることは難しいとされています。

今回は、肉割れにお悩みの方に向けて肉割れのレーザー治療について海外の論文を参考にした正しい医療知識のもとに解説していきます。

この記事を読むことで、

・肉割れのレーザー治療とは何か
・肉割れがレーザーで消滅するプロセス
・肉割れのレーザー治療のメリットとデメリット
・レーザー以上におすすめしたい肉割れカバーのアートメイクについて

などについて理解することができます。

気になるレーザー治療にもデメリットがあります。レーザー治療以外の画期的な肉割れ対処法についても紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

アートメイク【肉割れカバー】の無料相談を受けてみる

肉割れのレーザー治療とは

レーザー治療とは、皮膚の表面からレーザーを照射することにより、熱処理で皮膚組織を刺激しコラーゲンを発生させることで、肌を再生し新しい皮膚を作るように促す治療法です。言い換えれば、安全な範囲で人工的に傷を作り、強制的に肌のターンオーバーを促進させるやり方とも言えます。

肉割れ同様に妊娠線を消すためのレーザー治療もあります。また、レーザー治療はシミやソバカスを消すこともできるため、美容外科でよく選ばれている治療法のひとつと言えます。

肉割れの治療にせよ、シミやソバカスの治療にせよ、一度の治療で完了するとは限らないため、結果的に何度か回数を繰り返してレーザー治療に通う必要があるケースは少なくありません。

肉割れがレーザーで改善される仕組み

ここからは、肉割れがレーザー治療により解消されていくプロセスを、3段階に分けて解説していきます。肉割れのレーザー治療の流れは以下のとおりとなります。

1.肉割れにレーザーを照射
2.コラーゲンが生成される
3.断裂した真皮層が再生される

それでは、それぞれの過程をさらに細かく見ていきましょう!

1.肉割れ部分にレーザーを照射

肉割れの部分にレーザーを照射します。このとき、熱により痛みや熱さを感じます。感じ方には個人差がありますが、少なくとも完全に無痛の治療とは言えません

2.コラーゲンが生成される

照射された皮膚は、熱による刺激を受けたことで反応し、その結果肌に存在するコラーゲンが生成されます。コラーゲンが活性化することにより、肉割れ部分の皮膚の再生が促されます。これがレーザーによる効果です。

3.断裂した真皮層が再生される

皮膚の再生が促されると、これまで肉割れが定着してしまって変化することのなかった皮膚に新しい細胞がどんどん生まれ始めます。

新しい皮膚細胞が再生されることにより、断裂してしまった真皮層が修復され、これまで目に見えていた肉割れが徐々に薄くなっていきます。

しかし、レーザー治療に関しては、もともとの肌の再生能力などにより効果が変わるため、何回目のレーザー治療で完全に肉割れが消えるかは人それぞれ。つまり、確実に消滅させることができないケースもあります。

肉割れのレーザー治療の2つのメリット

自然に消えることがない肉割れが、レーザー治療で消滅するならぜひやってみたい!と思った方も多いのではないでしょうか。

確かに肉割れをレーザーで治療するメリットはあります。ここでは肉割れのレーザー治療の主な3つのメリットについて解説しましょう。

⒈切らない治療法

レーザー治療は皮膚にレーザーを照射していく治療法で、メスを入れて皮膚を切ったり削ったりするわけではありません。

美容皮膚科で治療を受けるなどと聞くと、大掛かりな手術を想像する方も多いでしょう。レーザー治療は切らない治療法なので、その点においては初めての方でも安心して始めることができるのではないでしょうか。

⒉即効性が期待できる

肉割れのレーザー治療は、肉割れの状態によっては即効性が期待できます

肉割れの状態によっては、というのは肉割れがまだ初期の状態、いわゆる「赤い肉割れ」の場合に限ります。この点に関しては後述しますが、肉割れがすでに定着している「白い肉割れ」の場合には、効果自体がでなかったり効果が出るのに時間がかかる場合がほとんどなのです。。

ただし、初期の肉割れに関しては即効性が期待できるため、初回の治療から確かな効果を感じられる点がメリットと言えます。

肉割れのレーザー治療の3つのデメリット

それでは、逆に肉割れレーザー治療に関するデメリットにはどのような点が挙げられるのでしょう。実は肉割れのレーザー治療に関してはデメリットが割と多いため、レーザー治療を検討されている方は、考えられるリスクについても理解しておく必要があります。

それでは、肉割れのレーザー治療の代表的な3つのデメリットについて見ていきましょう。

⒈熱処理による火傷のリスク

レーザー治療では皮膚にレーザーを直接照射するため、その熱により皮膚がダメージを受けてしまいます。確かに、レーザー治療自体、皮膚を刺激することが目的なので、その点は仕方がありません。

しかし、レーザー治療をしたことで、その熱により火傷のような症状が出てしまう可能性もゼロではありません。軽い火傷症状が出ようとも、結果的に肉割れが消滅するならいいと考える方もいるかもしれませんが、肌にダメージを受けただけで肉割れは改善しないというケースもあります。

レーザー治療は切らない治療なので、一見リスクがなさそうに思えますが、実際には火傷等のリスクがある点は、肉割れのレーザー治療のデメリットとも言えるでしょう。

⒉長年放置した肉割れには効果が薄い

多くの方が悩む肉割れですが、そのほとんどは「できてしまってから長い期間が経過した肉割れ」ではないでしょうか。いわゆる「白い肉割れ」のことですね。

長年にわたり放置した「白い肉割れ」には、レーザー治療の効果は正直かなり出にくいです。この点は肉割れのレーザー治療における大きなデメリットですね。

あなたがもし、「レーザー治療をすれば、すぐに肉割れが目に見えて薄くなっていく」とイメージしているとすれば、必ずしもそうなるとは限らないことを知っておく必要があります。

初期の赤い肉割れには効果があっても、形成されてから時間が経過した「白い肉割れ」にはなかなか効果が無いことも数々の論文から報告されております。

参照:Wollina U and Goldman A, J Cutan Aesthet Surg, 2017

⒊何度も通い続ける必要がある

肉割れのレーザー治療は、経過観察しながらレーザーを照射する回数を決めるもの。要は、「○回照射すれば肉割れは消える」などの指標がありません。

多くの場合、肉割れのレーザー治療は5〜6回繰り返し行います。レーザー治療の料金はクリニックによりますが、平均的に3万円〜5万円ほど。仮に6回の治療を受けることになれば30万円ほどにまでコストが上がります。

そうなれば、もちろん費用だけでなく期間も長くかかってしまう点がデメリットとなりますね。さらには、5回以上治療を受けても結果的に肉割れが改善しなかった、というケースもあります。

肉割れを治すのではなくカバーするアートメイクとは

要約すると、初期の「赤い肉割れ」でない限り、レーザー治療では効果が出ないこともあり得るということです。では、一体どのようにして肉割れのお悩みを解決すれば良いのでしょうか。

ここでポイントとなるのが、肉割れ自体を消すことではなく、肉割れをカバーすることに視点を向けること。

私たちMED BEAUTY(メドビューティー)では、肉割れに特化したアートメイク施術が可能です。

当院の肉割れカバー専門のアートメイクReGainの概要は以下の通り。

・韓国の技術を日本に初導入
・AI技術を駆使したカラーマッチングで95%以上お肌の色に合わせることが可能
・医療安全を徹底したクリニックでの施術

何度レーザー治療を受けても改善されない肉割れに悩み続けている方、確実に肉割れの悩みを解決したい方には、当院のRegainをぜひ検討いただきたいです。

肉割れのアートメイクRegainの詳細を知りたい方、ご興味のある方は、当院のアートメイクについて丁寧にご説明させて頂きますので、以下公式LINEよりお気軽にご連絡ください。

アートメイク【肉割れカバー】の無料相談を受けてみる

レーザー治療よりもアートメイクをおすすめする3つの理由

結論、効果が出るかどうかが不確かなレーザー治療よりも、アートメイクでカバーする方法の方が確実性が高いです。

ここでは、改めてなぜ肉割れはレーザー治療よりもアートメイクカバーの方が良いのか、その理由を3つのポイントに分けて解説していきます。

⒈長期間通院する必要がない(確かな即効性)

アートメイクは、基本的に初回の施術を終えた時点で、肉割れ部分がしっかりカバーされるため、見た目の効果が抜群です。

ただ、肌のターンオーバーにより、注入した色素が薄くなってしまうことが多いため、多くの場合は2回セットで施術を行います。2回施術することで、肌にしっかりと色素を定着させるということですね。

5回6回と通院する必要があるレーザー治療と比較すると、アートメイクがいかに即効性の面で優れているかは明らかです。

⒉価格が事前に分かるため安心

レーザー治療のデメリットとして、効果のほどが予測できない点があります。人によってはすぐに効果が現れることもあるものの、何度施術を繰り返しても効果が出ないこともあるのがレーザー治療。

何度レーザーを照射すれば肉割れが消えるのかは事前に知ることができません。そのため、治療をしてみないことには、必要な費用の総額が分からないのがレーザー治療の特徴です。

⒊確実な効果が期待できる

アートメイクで肉割れをカバーする方法においては、「効果が出なかった」というケースは起こり得ません。なぜなら、肉割れをカバーするための色素を注入するのがアートメイクであって、そもそもこれは肉割れ自体を治療するものではないからです。

色素を注入すれば、肉割れは見えなくなります。さらに、MED BEAUTY(メドビューティー)のReGainであれば、95%ご自身の肌色とマッチした色素でカバーするため、見た目は抜群に自然です。

レーザー治療と比較して、アートメイクカバーは確実に効果が得られるという点が大きな違いであり、メリットであると言えます。

まとめ

肉割れのお悩みを解決するためには、肉割れ自体を治療する他ないと思っていた方も多いのではないでしょうか。

レーザー治療は一部の肉割れには高い効果を発揮することがありますが、一方で「なんど受けても効果がなかった」という声もたくさんあります。

肉割れを消すのではなく、見えなくするアートメイクカバーにより肉割れのお悩みを解決することは可能です。確実な効果、即効性を求める方は、肉割れのアートメイクカバーを検討されてみてはいかがでしょう。

アートメイク【肉割れカバー】の無料相談を受けてみる

The following two tabs change content below.

【参考文献】
https://www.jcasonline.com/article.asp?issn=0974-2077;year=2017;volume=10;issue=3;spage=124;epage=129;aulast=Wollina

美容看護師が実践するアンチエイジング&ニキビケア | アートメイク看護師 | 元美容看護師長 | MED BEAUTY(メドビューティー)代表をしてます

↓美容情報はインスタでも配信↓

https://www.instagram.com/fujioyuki.nurse/