こんにちは!MED BEAUTY(メドビューティー)代表で、肉割れをカバーするアートメイクを担当しております看護師の藤尾(@fujioyuki.nurse)です。

肉割れにお悩みの方、その肉割れは赤い肉割れですか?実は肉割れには赤い肉割れと白い肉割れがあり、予防法や治療法が異なります。

なぜ肉割れには赤いものと白いものがあるのでしょう。今回の記事では、赤い肉割れに注目し、

・赤い肉割れと白い肉割れの違い
・赤い肉割れは自力で治すことができるのか
・赤い肉割れの悪化を防止する方法
・肉割れをカバーするアートメイクについて

以上の点についてについて海外の論文を参考にした正しい医療知識のもとに解説していきます

今現在肉割れにお悩みの方や、今後肉割れが悪化することを阻止したい方に読んで欲しい内容です。

アートメイク【肉割れカバー】の無料相談を受けてみる

赤い肉割れと白い肉割れの違い

まずは赤い肉割れと白い肉割れの違いについて解説していきます。肉割れが赤いか白いかによって、対策方法も異なりますが、まずはそれぞれの特徴についてしっかり理解を深めておきましょう。

赤い肉割れ

赤い肉割れとは、いわゆる肉割れの初期段階にあたります。

肉割れができたばかりの段階では、その肉割れが赤っぽく、もしくは赤紫っぽく見えるはず。その理由は、表皮の奥にある真皮層が裂けてしまうことで、さらに奥にある毛細血管が透けて見えているからです。

つまり、赤い肉割れの赤色は血管の色が透けて見えていたということです。

白い肉割れ

赤い肉割れができてしばらく経つと、皮膚の細胞は新しく生成され始めます。このとき、皮膚は元の状態に戻ろうとするのですが、元の皮膚の色を完全に取り戻すことはできません。

結果的に、新しく生成された部分は白い線のようになり、肉割れ以外の部分と色の差が生じてしまいます。これが白い肉割れの正体。

つまり、赤い肉割れをそのままにしておくと自然に白い肉割れへと変化してしまうのです。

赤い肉割れは治せるって本当?

肉割れができるとき、初めに赤い肉割れができてその後白い肉割れになるということは理解できたかと思います。

そこで気になるのが、「赤い肉割れが肉割れの初期なら、まだ治せるのではないか」という点。

確かに、白い肉割れと比較すれば赤い肉割れはまだまだ初期段階。この段階で適切なケアを行うことで「悪化を防ぐ」ことは可能であると言えます。

ちなみに赤い肉割れとは、以下のような肉割れです。

ただ、赤い肉割れなら完全に元に戻せるかと言えば、そうとも限りません。悪化を防ぐことはできても、完治させることは難しいとされています。

初期段階の赤い肉割れの悪化を防ぐ方法

赤い肉割れを治すことは難しくても、少しでも状態を良くしたいと思うなら方法はあります。ここでは、赤い肉割れの悪化を防ぐためにできるセルフケアを3つ紹介します。

はじめにお伝えしておきますが、「肉割れが消える」という謳い文句のクリームなどを過信してはいけません。

なぜなら、肉割れができた時点で真皮層(表皮の奥にある層)は裂けてしまっており、表皮の上からクリームを塗ってもその裂け目がつながることはまずないからです。

あくまでも「保湿」の意味でクリームは有効ですが、肉割れの治療としての効果は見込めないと理解しておきましょう。

1.乾燥を防ぎ保湿を徹底する

赤い肉割れがどんどん悪化してしまうことを防ぐために必要なのは保湿。とにかく保湿することがとても重要です。

お顔でも同じことが言えますが、乾燥すればその分シワができやすくなるなど、乾燥はお肌の大敵です。

肉割れも同様。乾燥すれば皮膚は伸縮性を失い、真皮層も裂けやすい状態になってしまいます。これを防ぐためにしっかりと保湿をしましょう。

2.ビタミンCを積極的に摂取する

肉割れ予防や悪化防止に有効だと言われているのが、ビタミンCです。研究結果によると、ビタミンCの血中濃度が低い人に肉割れができやすいということが証明されています。

参照:Findik et al., 2011

ビタミンCは、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質をつくるのに不可欠なビタミン。コラーゲンは皮膚や粘膜の健康維持に役立つ重要な成分であるため、きちんとビタミンCを摂取して蓄えておきたいです。

3.急な体型変化を防ぐ

肉割れができる原因として最も一般的なのが、急な体型変化。急激に太ったり急激に筋肉が発達したりすれば、その分体型は変化します。

その際に皮膚に負担がかかり、肉割れができやすくなってしまうことを考えると、急な体型変化を避ける必要があるのは言うまでもありませんね。

赤い肉割れの治療法

これまで。赤い肉割れの悪化を防ぐ方法をご紹介しました。

しかし、どの方法も医学的根拠には乏しく、完全な予防方法は見つかってはいないのが現状です。

また、赤い肉割れが時間が経って白い肉割れへと変化したら、現状の医療ではなかなか完治する方法はありません。

そこで、いち早く赤い肉割れを直したいという方には、美容皮膚科での治療をオススメします。

美容皮膚科での治療法

肉割れは立派な病気です。真皮層が裂けてしまったら、もはや自然に修復されることは難しいです。ですが、「美容皮膚科」で受けることができる、

・炭酸メソ
・レーザー治療
・多血小板血漿(PRP)注射

などの施術を受けることで改善される場合があります。

例えば炭酸メソは、皮下組織に注射針で治療用の「炭酸ガス」を注入する治療法。これにより、真皮層の血流がよくなり人工的に皮膚の代謝をUPさせることができます。

炭酸メソは代謝が上がることで皮膚の再生能力が高まり、肉割れさえも徐々に改善されていくという治療法です。

しかし、これらの治療は、初期の赤い肉割れには効果があっても、形成されてから時間が経過した白い肉割れにはなかなか効果が無いことも数々の論文から報告されております。

参照:Wollina U and Goldman A, J Cutan Aesthet Surg, 2017

白い肉割れになった後に行うセルフケアは効果なし

赤い肉割れが白い肉割れに変化してしまったら、そこからのセルフケアはほぼ効き目がないということも知っておく必要があります。

もちろん、新たな肉割れを防ぐことは可能なので、全く無意味であるとは言いません。ですが、すでにできてしまった白い肉割れは改善されることがありません。

肉割れをカバーするアートメイクReGainとは?

赤い肉割れがもうすでに白い肉割れになり定着してしまっている場合は、美容医療であっても治療することは難しいです。

そこで紹介したいのが、肉割れをカバーするアートメイク。私たちMED BEAUTY(メドビューティー)では肉割れに特化したアートメイクReGainを日本で初めて導入しました。

肉割れをカバーする当院のアートメイクReGainについては、以下の3つの特徴があります。

美容大国韓国から上陸したアートメイク技術

アートメイクと言えば、眉毛やアイラインに入れるものだと認識されている方がほとんどだと思います。

ですが、お隣の美容大国韓国では、肉割れや妊娠線などをカバーするためのアートメイク施術が存在したのです。

日本ではまだあまり耳にしない肉割れカバーに特化したアートメイク。私たちMED BEAUTYはこの技術を日本で初めて導入しました。

95%以上のカラーマッチングを実現させたAI技術

肉割れカバーのアートメイクで重要なのが、いかにして元の皮膚の色に近い色素を選択するかという点です。

結局、アートメイクで注入する色素が皮膚の色と異なれば、肉割れのカバーとしては仕上がりが不十分になるでしょう。人それぞれ異なる肌色を、いかに正確に再現するかが肉割れカバーのアートメイクの最大の難関。

これを可能にしたのはAIの技術でした。AIにより、なんと95%以上肌色としっかりマッチさせるカラーマッチングが可能になったのです。

当院のReGainは、このAI技術を使用し、アートメイクの繊細な技術で肉割れがそこに存在していたことすら分からないほどの美しい仕上がりを可能としたのです。

肉割れのみならず妊娠線や傷跡カバーにも対応

当院の肉割れカバーのアートメイクRegainでは、肉割れだけでなく

・妊娠線
・手術などの傷跡
・やけど痕

などもカバーすることができます。

これにより、「もう一生消えない」とあきらめていた体の一部に残る傷跡などにコンプレックスを抱える方が、そのお悩みを解決することができるようになったのです。

※定着してしまった白色の肉割れはクリームやレーザー治療では根治はできません。今まで肉割れが原因で悩まれていた方、多くのお金を費やしてきた方など、当院のアートメイクについて丁寧にご説明させて頂きますので、以下公式LINEよりお気軽にご連絡ください。

アートメイク【肉割れカバー】の無料相談を受けてみる

まとめ

今回は、赤い肉割れについて解説しました。赤い肉割れは、肉割れが定着するまでの通過点。肉割れの初期段階です。

初期段階である赤い肉割れは、セルフケアで進行を送らせたり、悪化を防いだりすることは可能です。しかしながら、肉割れはやはりできてしまうと簡単に消せるものではありません。

肉割れでお悩みの方々が、「傷 (肉割れ) を負って深く傷ついたその体にもう⼀度輝きを取り戻す」という思いを込めて、私たちはReGainという新しいサービスを始めました。

ぜひあなたもアートメイクでストレスから解放されてみてはいかがでしょうか。

アートメイク【肉割れカバー】の無料相談を受けてみる

The following two tabs change content below.

【参考文献】
https://econtent.hogrefe.com/doi/abs/10.1024/0300-9831/a000049
https://www.jcasonline.com/article.asp?issn=0974-2077;year=2017;volume=10;issue=3;spage=124;epage=129;aulast=Wollina

美容看護師が実践するアンチエイジング&ニキビケア | アートメイク看護師 | 元美容看護師長 | MED BEAUTY(メドビューティー)代表をしてます

↓美容情報はインスタでも配信↓

https://www.instagram.com/fujioyuki.nurse/