肉割れの治療法としてよく耳にする炭酸メソ。頑固な肉割れも炭酸メソで消すことができると言われていますが、果たしてこれは本当なのでしょうか。

先に回答させていただくと、炭酸メソや、よく比較されるレーザー治療には効果のほどに個人差があるため、絶対に肉割れが消えるとは言えないというのが現実。

今回は、肉割れ治療における【炭酸メソ】について解説していきます。

・炭酸メソとはどのような治療法なのか
・肉割れの炭酸メソ治療についての注意点
・肉割れの改善に最適な炭酸メソ以上の選択肢

以上の内容でお伝えしていきます。

炭酸メソについての基礎知識を身につけ、さらには “炭酸メソ以上に確実性の高い肉割れ対処法” についても知ることができます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

参照:Lokhande A J and V Mysore, Indian Dermatol Online J, 2019

アートメイク【肉割れカバー】の無料相談を受けてみる

そもそも炭酸メソとは何か

炭酸メソという名前を聞いても、いまいちどのような治療法なのかがイメージしづらいところがありませんか?ここではまず炭酸メソとは何なのかを解説しておきます。

炭酸メソ(CO2メソセラピー)とは、炭酸ガスを皮膚内に注入する治療法のことを意味します。

炭酸ガスを注入することで、注入した箇所の新陳代謝が活性化する、血流が良くなる、コラーゲンが再生されるなどの変化を生み出すことができます。

もともとは血管障害の治療法として使用されていた炭酸メソですが、フランスで妊娠線治療に使われ始めたことをきっかけに、美容業界でも幅広い目的で使用されるようになりました。

主な使用目的を紹介しておくと、

・シワの改善
・部分痩せ
・肉割れ、妊娠線の治療
・肌のツヤ、ハリUP

 などが挙げられます。

目元など、レーザー治療が難しい箇所にも炭酸メソの使用は可能。これにより、小ジワなどにお悩みの方も多く炭酸メソによる施術を受けられています。

肉割れができるプロセス

炭酸メソにより肉割れが改善される仕組みを解説する前に、まずは肉割れができるまでの過程について解説しておきましょう。

一度できてしまったらずっとそこに残り続ける厄介な肉割れ。肉割れができる過程を図解で示したのがこちらです。

それでは、ここで肉割れができるまでのプロセスをさらに詳しく解説していきます。

1.皮膚が引っ張られる

急な体重増加、成長期の急な体型変化など、短期間で大きく体型が変わるとき、皮膚は上下左右に引っ張られてしまいます。

このとき、特に痛みを感じたり何かしらの自覚症状があったりするケースはほぼありません。知らないうちに皮膚が引っ張られ、負担がかかっていきます。

2.真皮の部分が裂けてしまう

引っ張られた皮膚の状態をさらに詳しく解説します。皮膚の一番表面にある表皮の部分は、伸縮性があるため、引っ張られてもある程度対応することが可能です。

しかし、表皮の下にある真皮層は表皮ほどの伸縮性を持っていません。つまり、表皮は問題なく伸びていても、その奥で真皮層にかなり大きな負担がかかっているのです。

結果、真皮層の部分が裂けてしまい、これが肉割れのきっかけとなります。

3.裂けた真皮層が表皮から透けて見える

表皮の上から見たときに、表皮の奥にある真皮層が裂けているのが見える状態になります。この状態は肉割れの初期で、裂け目の色が赤みを帯びているのが特徴です。これが赤い肉割れです。

赤色の正体は血管。真皮層が裂けたことで血管の色が透けて見えるため、赤もしくは赤紫のような色味を帯びているように見えます。

やがて細胞の生成が繰り返され、赤みは引き、白っぽい色味へと変化します。この白い肉割れこそが、「自力で消すことができない白い肉割れ」として肌に定着してしまうのです。

炭酸メソで肉割れを治療する流れ

それでは、ここからは炭酸メソによる肉割れ治療の流れについて解説していきます。

炭酸ガスを注入することで真皮層の裂け目が改善されていき、肉割れが消えるという炭酸メソ。おおまかな流れを図に示すと以下のようになります。

それでは、炭酸メソがどのように作用し肉割れが改善されていくのかを、3つのステップに分けてさらに具体的に見ていきましょう。

1.炭酸ガスを注入

肉割れができている部分に炭酸ガスを注入していきます。炭酸メソでは、極細針を使用するため基本的には麻酔を使用しないクリニックが多いです。痛みに敏感な方や心配な方は麻酔クリームなどを必要に応じて使用することも可能です。

注射程度のチクリとした痛みはあるものの、痛みのレベルは低いため、あまり心配する必要はありません。施術時間はおおよそ10分から長くても30分程度で完了します。

2.真皮の血流が改善される

炭酸ガスを注入したことで、毛細血管が拡張し血流がUPします。さらには血管から新たな血管枝が生まれる(血管新生)ことで、皮膚の再生を促進させます。

皮膚が再生されるということは、裂けてしまった真皮層も再生されることになるため、これにより肉割れ特有の筋が目立たなくなっていくという流れです。

3.代謝UPにより真皮再生が促進される

炭酸ガスを注入したことで、一時的に皮膚はダメージを受けた状態になります。ダメージを受けたことで皮膚内にコラーゲンが発生し、皮膚の再生をさらに効果的に促すことができます。

炭酸メソ治療は繰り返すことで効果が上がるため、数回にわたり繰り返し治療を受ける必要があります。一概に○回で肉割れが消えると言い切ることは難しく、肉割れの程度により必要な治療回数は変わります。

炭酸メソによる肉割れ治療の3つの注意点

炭酸メソの肉割れ治療に興味をそそられた方も多いのではないでしょうか。しかしながら、炭酸メソの肉割れ治療には知っておくべき注意点があります。

というわけで、ここでは炭酸メソの治療を受ける前に必ず押さえておくべき注意点を3つ紹介しておきましょう。

1.複数回の施術が必要

肉割れが見えなくなるまで、何度炭酸メソの治療を受ければ良いのかは多くの方が気になる点でしょう。

目安の施術回数としては5〜6回ですが、これだけでもかなりの回数。連日炭酸メソ治療を受けることはできないため、間隔を1〜2週間おいて再度施術をする流れとなります。

そのため、5回の治療と考えても2ヶ月以上かかってしまう点はあらかじめ知っておく必要があります。肉割れをすぐにきれいに治したい!という方には炭酸メソ治療はおすすめできません。

2.範囲が広ければ価格が高額になる

治療回数もさることながら、肉割れの炭酸メソに関しては、金額が高額になりやすいという点も注意点として挙げられます。

特に、肉割れの範囲が広い場合には注入する箇所も増えてしまうため、当然価格は高くなってしまいます。それを4回5回と繰り返していくわけですから、トータルコストは高額になることも多いです。

3.効果にかなり個人差がある

結局のところ、最も気になるのが効果のほど。ある程度高い金額を支払っても、確実に肉割れがきれいに治るのなら構わないとお考えの方も少なくないでしょう。

しかし、炭酸メソに関しては、確実に肉割れが見えない状態にできる補償はありません。肉割れの状態によっても効果の出方は変わりますし、結論「肉割れが消えるかどうかははっきり分からない」となってしまうわけです。

また、施術の痛みも強く、血腫などもできやすい治療であるため、海外の論文などでも第一選択の治療とはされていません。

参照:Lokhande A J and V Mysore, Indian Dermatol Online J, 2019

炭酸メソより確実性の高い肉割れの対処法とは

炭酸メソで肉割れの治療ができて100%満足できたというケースは確かにあります。しかし、そうでないケースがある点を見過ごすわけにはいきません。

ここで紹介させていただきたいのが、私たちMED BEAUTY(メドビューティー)のアートメイク施術。

当院では、肉割れに特化したアートメイク施術が可能です。肉割れ部分に皮膚の肌色とマッチする色素を注入することで、肉割れを見えない状態にしてしまうという手法。

肉割れ自体の治療ではなく、肉割れをカバーするという考え方です。

当院の肉割れカバー専門のアートメイクReGainの概要は以下の通り。

・韓国の技術を日本に初導入
・AI技術を駆使したカラーマッチングで95%以上お肌の色に合わせることが可能
・医療安全を徹底したクリニックでの施術

※これまで今まで肉割れが原因で悩まれていた方、多くのお金を費やしてきた方など、当院のアートメイクについて丁寧にご説明させて頂きますので、以下公式LINEよりお気軽にご連絡ください。

アートメイク【肉割れカバー】の無料相談を受けてみる

まとめ

今回は、肉割れ治療でよく話題になる炭酸メソ治療について解説しました。炭酸ガスを注入することで皮膚を再生させ、肉割れを消していく炭酸メソ治療。確かに興味はそそられるかもしれません。

しかし、もしもあなたが確実かつスピーディに肉割れのお悩みを解決したいとお考えなのであれば、ぜひ当院のアートメイク施術ReGainを選んでいただきたいです。

肉割れがあることで、好きな洋服が着られない、水着になることに抵抗を感じる、などのストレスがある方、アートメイク施術についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ以下の公式LINEよりお気軽にご相談くださいませ。

アートメイク【肉割れカバー】の無料相談を受けてみる

【参考文献】
https://www.idoj.in/article.asp?issn=2229-5178;year=2019;volume=10;issue=4;spage=380;epage=395;aulast=Lokhande