こんにちは! MED BEAUTY(メドビューティー)代表で、アートメイクを担当しております看護師の藤尾(@fujioyuki.nurse)です。

一度できてしまうとずっと残ってしまう妊娠線。すでにできてしまった妊娠線にお悩みの方や、妊娠中で効果的な妊娠線の予防法が知りたい方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

できることなら産後も綺麗な体をキープし続けたいと思うのが女心ですよね!

しかし、妊娠線については様々な情報があり、何を信じたら良いかが分からなくなってしまいがちです。

今回は、妊娠線について正しい知識を身につけておきたい!と思われる女性の皆さまに向けて、

・妊娠線はなぜできるの?
・妊娠線ができやすい人とできにくい人の違い
・妊娠線予防に本当に効果がめる方法は?
・できてしまった妊娠線を消す方法は?

など、多くの方が疑問に感じる点にスポットを当て、実際のアートメイクの施術を行う当クリニックが、それぞれの疑問にお答えします。この記事を読むことで、妊娠線についての理解が深まります!ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

妊娠線とは

妊娠線とは、妊娠によりお腹が大きくなることでできる筋状の線のことを言います。ひび割れのようにも見え、ストレッチマークなどとも言われる妊娠線。初めは赤紫や赤い色に見えるものが、時間の経過とともに白っぽくなり薄くはなるものの、完全になくならないため多くの女性の悩みの種となっています。

妊娠線は痛みを感じることはありませんが、かゆみを感じることがあります。

妊娠線は、妊娠による急激な体型変化により、皮膚の奥にある真皮層の線維が断裂してしまうことで起こるもの。妊娠線と言えばお腹周りにできるものイメージしがちですが、バスト部分やおしり、太ももなどにも妊娠線ができることがあります。

妊娠線はどこにできるの?

妊娠線は、主にお腹の下部分や横腹など、お腹周りを中心にできるものです。しかし、お腹ばかりに注意を払っていると、意外に太ももや腰周り、おしりなどにできていることも珍しくありません。

妊娠によりお腹が大きくなることで、お腹以外の箇所の皮膚が引っ張られてしまうこともあり、思いがけず予想もしない箇所に妊娠線が現れることがあるということを覚えておきましょう。

妊娠線と間違いやすい正中線とは

妊娠線とよく混同されるものに「正中線」があります。

正中線とは、妊娠中におへそから真っ直ぐ下へ向かって直線を描くように伸びた線のこと。正中線は妊娠線とは別物です。妊娠線は産後も残りますが、正中線は産後には消えて無くなるため、あまり気にする必要はありません。

妊娠線ができる2つの原因

産後も残ってしまう妊娠線ですが、そもそも妊娠線とは何がきっかけでできるのでしょう。ここで、妊娠線ができる主な2つの原因について解説します。

1.皮膚の表面が急激に伸びる   

妊娠中は驚くほどお腹が大きくなります。それも数ヶ月という短期間の間に一気に大きくなるため、皮膚に大きな負担をかけてしまいます。

妊娠によってお腹の表面部分が伸びると、同時に皮膚の奥にある真皮層や皮下組織も一緒に伸びていきます。このとき、皮膚には伸縮性があり、裂けることがなくても、真皮層の線維は急激な変化に耐え切れず裂けてしまいます。その結果、妊娠線ができてしまうのです。

2.コラーゲン生成が抑制される   

妊娠中はコラーゲンが減少します。これは妊娠中に体内に増加するステロイドホルモンによるもの。ステロイドホルモンはコラーゲンの生成を抑制してしまうため、妊娠中はコラーゲンが減少し、肌の弾力が失われ亀裂が生じやすくなってしまうのです。

妊娠線はいつからできるの?

妊娠線は安定期に入りお腹が大きくなり始める妊娠5ヵ月頃からでき始めます。最も妊娠線ができやすいのが妊娠8ヵ月ごろ。お腹が大きくなるスピードが早まるこの時期こそ、妊娠線ができる時期としてはピークと言えます。

ただ、妊娠線のできるタイミングには個人差があり、中には分娩時に初めてできるというケースもあるため、一概には言えません。

妊娠線ができやすい人の5つの特徴


妊娠線は妊娠すれば必ずできると決まっているわけではありませんが、割合としてはかなり多くの妊婦さんが経験しています。一体どのような人が妊娠線ができやすいのでしょう。ここで、妊娠線ができやすい人の5つの特徴についてまとめてみました。

参照:B. Farahnik et,al, Int J Womens Dermatol, 2017

1.お腹の皮膚が乾燥しやすい   

お肌が乾燥すると、皮膚の伸縮性が低下し皮膚自体も硬くなってしまいます。そのため真皮層が断裂しやすく、妊娠線ができやすくなってしまいます。

妊娠により大きくお腹の皮膚が伸びることを考えると、お肌自体を柔らかくし伸縮性を高めておく必要があります。

2.血行が悪い   

血行が悪いと新陳代謝が低下し、皮膚のターンオーバーに影響します。そのため、新しい肌細胞が生成されず、真皮層は断裂しやすくなり、また断裂した真皮層は再生されづらくなります。

また、乾燥と同様に血行不良は皮膚自体の伸縮性を低下させてしまうため、妊娠線ができやすい状態を作ってしまいます。

3.体重の変動が激しい

体重の変動が激しいと妊娠線ができやすくなります。妊娠中はお腹部分の急激な変化は避けられませんが、お腹以外の部分に関しては急激に脂肪がついたり減ったりすることのないように心がける必要があります。

4.家族に妊娠線ができている人がいる

妊娠線には遺伝的要素があると言われています。家族に妊娠線ができている人がいれば、妊娠線ができる確率は高くなるため、日頃から妊娠線ができやすくなる行動を避けるように意識しましょう。

また、太ももやおしり部分に妊娠前から肉割れがある場合も妊娠線ができやすいことが研究結果により明らかになっています。

5.飲酒や喫煙の習慣がある

飲酒や喫煙の習慣のある方は、妊娠線ができやすいとのデータが出ています。妊娠線に限らず、ご自身とおなかの赤ちゃんの健康のためにも、飲酒や喫煙は控えましょう。

妊娠線を予防するためにできること

妊娠線を予防するためには、事前にできるセルフケアや、日常生活において注意すべき点があります。

妊娠線の予防ケアは妊娠初期のうちから習慣づけておくのが理想的。ただ、妊娠初期はつわりなどで体調を崩しやすい時期でもあるため、無理のない範囲で行いましょう。ここで、妊娠線を予防するために有効なセルフケアの方法について紹介します。

参照:B. Farahnik et,al, Int J Womens Dermatol, 2017

1.急な体重増加を抑える

急な体重増加は、皮膚を急激に引っ張ってしまうため、真皮層に亀裂が入りやすくなり妊娠線の原因となってしまうことが多いです。そのため、極力急激な体重増加を防ぐように心がけましょう。

2.保湿ケア&マッサージ

保湿ケアとマッサージを行うことで、妊娠線の原因となる乾燥と血行不良を改善させる効果が見込めます。乾燥肌の方は特に保湿を十分に行いましょう。

マッサージの際には、保湿クリームやオイルを使用すると滑りが良くなりマッサージがしやすくなるのでおすすめです。

毎日寝る前の5分でも構いません。日課として繰り返し続けて行うことが重要です。

3.適度な運動   

妊娠中は強度の強い運動は控えた方が良いですが、軽めの運動であればしておくに越したことはありません。

特にお腹周りは重要。腹筋を鍛えておくとお腹周りの急激な皮膚の伸びを抑える効果があります。また、皮下脂肪が厚いと妊娠線はできやすくなるため、脂肪を燃やす有酸素運動を取り入れてみるのも効果的です。

すでにできてしまった妊娠線は消えるの?

妊娠線がすでにできてしまっている場合に気になるのが、「妊娠線は果たして消えるのだろうか」という疑問。結論から申し上げると、妊娠線を完全に消してしまうことは限りなく難しいです。

妊娠線は時が経つにつれ、若干薄くなることはあっても、一度断絶してしまった真皮層の線維を元に戻す方法はありません。妊娠線を消したいとお考えの方には、プロによる施術で「限りなく妊娠線が見えない状態にする」方法を検討いただきたいです。

妊娠線を消す最新のアートメイク

ReBorn MBとは

今年(2021年)MED BEAUTY(メドビューティー)では妊娠線や肉割れ、傷跡を修正するアートメイクを日本のクリニックで初導入しました。

肌の色は部位や人によって様々です。従来はそれぞれの人の肌の色にマッチする色素を作成することが難しく、肌のアートメイクは困難とされていました。

ところが韓国の、人工知能による肌診断ができる機器の開発に成功し、95%以上の肌色のトーンマッチングが可能となりました。トーンマッチングでは、開発したAI機器を使用し62種類もの色素を組み合わせて色を作成し、それぞれの人に合った肌色を選択することができます。

MED BEAUTY(メドビューティー)では、この技術を用いたReBornというサービスを日本で初導入いたしました。

Reborn MBは、妊娠線をカバーするアートメイクの技術。これにより、ご自身の肌にぴったりマッチする色素を注入することで、妊娠線を目立たせなくすることが可能になったのです。

MED BEAUTY(メドビューティー)の思い

妊娠線は予防が難しく、一度できると完治するのは困難な病気です。

出産の喜びもつかの間で、「着たい服が着れない」「お腹を見せるのが恥ずかしい」など、妊娠線に悩まれるお母さん方が大勢います。

お母さんになっても、いつまでもキレイな女性でい続けたいと願うのは当然のことですよね。

そこで私たちは、「⼦供を産み、⼀番幸せな時に⼀番美しい姿であってほしい」 そう願いを込めて、ReBornという新しいサービスを始めました。

施術の流れ

1.AIキットによる肌診断

専用のAIキットを用いて、お客様の肌のトーンマッチングを行います。その後専用アプリで色の確認を行います。

2.色の配色

トーンマッチングで算出されたお客様の肌色に限りなく近い肌色を、62色の色素を用いて再現いたします。

3.施術

専用の機器を用いて、1−2mmの深さに色素を注入していきます。

痛みは少しピリピリする程度。ほとんどの場合、麻酔は不要です。

ReBorn MBはアートメイクであり、アートメイクの経験で培った技術力が求められます。MED BEAUTY(メドビューティー)では、アートメイク経験が豊富な看護師が施術を行いますのでご安心くださいませ。

値段

ご予約について

RESERVATION

ご予約はLINE予約で承っております。

Q&A

 

痛みはどれくらい?

痛みは少しピリピリ感じる程度で、ほとんどの場合麻酔は不要です。お痛みを感じる方には麻酔を使用しますのでご安心ください。

施術回数は?

1度の施術で定着させることが難しいため、アートメイクは基本的に2回の施術で完了します。定着の度合いには個人差があるため、場合によっては3回の施術をおすすめする場合もあります。

どのくらい持つの?

肌質や年齢、アフターケアにより異なりますが、2回施術後のアートメイクはおおよそ1年半〜2年ほど持ちます。完全に消えるというよりも徐々に色素が薄くなるため、薄くなった部分が気になる頃にリタッチ(3度目の施術)を受ける方もいらっしゃいます。

太ももやお尻、ふくらはぎは両対で1部位の料金ですか?

はい。両方合わせて1部位となります。ただ、太ももからお尻にかけて肉割れが及ぶ場合は2部位の料金となる可能性があります。

施術後はれたりはしない?

施術後は赤みが1週間程度、ミミズ腫れのような腫れが3日程度出ることがあります。

妊娠中は施術を受けられますか?

主治医の判断によりますが、妊娠中の施術はおすすめいたしておりません。

白斑のカバーもできますか?

当院では白斑をカバーするアートメイクは行っておりません。

入れ墨との違いはなんですか?

入れ墨とアートメイクでは、色素を注入する皮膚の深さが異なります。入れ墨は真皮に、アートメイクは表皮と真皮の間の深さに色素を注入します。

【参考文献】

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352647516300272
https://econtent.hogrefe.com/doi/abs/10.1024/0300-9831/a000049
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/j.1524-4725.1998.tb04262.x?casa_token=oAg_ziM60xkAAAAA%3ATKRof8qaqTiD7ZDcPRXr9d11OVzkAvvOmXT9hlZCzvTx5EJp6oFTiWZ65cu4dMZilAm52WYIk70c7bSSxA
https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1571218611375/

美容看護師が実践するアンチエイジング&ニキビケア | アートメイク看護師 | 元美容看護師長 | MED BEAUTY(メドビューティー)代表をしてます

↓美容情報はインスタでも配信↓

https://www.instagram.com/fujioyuki.nurse/